国産の材料で無添加手作り

良質の国産原料のみ使用


九州産大豆

地元柚木産上米加工米ではなく、主食用上米を使用しております。

国産丸麦

昔ながらのもろぶた製法

無添加の味噌


発酵(熟成)するにつれ味の変化をお楽しみいただけます。(常温保存)
味噌の色も黒っぽく変化します。好みの味になりましたら冷蔵保存!

生きた味噌が出来るまで


①良質の国産原料のみ使用し、蒸し上げます。

②蒸し上がった麦、米を広げます。
※合わせ味噌の場合

③麦、米、麹菌をよく混ぜ合わせ、一日から二日ほど寝かします。


④発酵の始まった原料をむろ(麹室)に移し、もろぶたでさらに二日ほど寝かせます。

味噌造りの要⑤おいしい味噌をつくるために欠かせない“麹花”が見事に原料をおおいつくします。

⑥もう一つの原料である大豆をよく洗い、水につけ水分を含ませた後、大鍋で煮上げます。

⑦豆を専用に潰す機械で大豆を潰します。機械を使うことで短時間で均一に綺麗に潰れます。


⑧むろで寝かしておいた原料と潰した大豆を程よい堅さまで混ぜ合わせます。

⑨混ぜ合わせた味噌を常温の暗室で寝かせます。麹菌がさらに発酵しておいしい味噌が出来上がります。


⑩無添加の消化酵素や乳酸菌・酵母などの微生物が生きたままの味噌の完成。